Blogトップ > ボジョレーヌーヴォー解禁です

ボジョレーヌーヴォー解禁です

今回は、生産者4名・トータル5アイテムを販売致します!
売り切れ次第終了とさせて頂きますのでお早めに!

11月15日(木)AM0:00より販売開始致します。(全てグラス売りです。)

■フィリップ・パカレ ボジョレヴァンド プリムール

フィリップ・パカレ氏はロマネコンティの醸造長に誘われるほどの人物で、自分の本当に造りたいワインを造るために辞退。
2001年を初ビンテージとして自然農法のワインを出荷。
パリの媒有名ワインショップではメゾン・ルロワと同格に扱われています。アルコール度数が11〜12度と低めなのも特徴です。
1グラス 1,100円

■ドミニク・ローラン ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ

ドミニク・ローラン氏は「新樽200%」という言葉が枕言葉に使われています。
ワイン畑を持たないネゴシアンのドミニク・ローランは樽でワインを買い付けます。蔵に届けられたワインは直ちに新樽へ入れ替えられます。半年後さらに新樽に入れ替えられます。これが新樽200%といわれる理由です。
買収の基準は「古いブドウの木、手摘み収穫、色と味わいを最大限に引き出す為、ブドウは潰さず、房のまま発酵」したものしか使いません。
1グラス 1,300円

■ルロワ ボジョレ・ヴィラージェ・プリムール

名門の称号をほしいままにする「ルロワ」。世界が絶賛するドメーヌ&ネゴシアンです。
マダムルロワは超一流のネゴシアンとして今日のルロワ社を築き、ワインに関して世界最上の味覚・テイスティング能力の持ち主と言われ品格品質管理により素晴らしいワインを造り上げています。
ルロワ女史は「ワインの個性は土地が決定するもの。ワインは畑で生まれ生産者はその手助けをするだけ」と語り、畑が持つ個性を最大限に生かしビオディナミ(バイオダイナキック栽培法:植物肥料だけを用いて天体との連動効果を畑にもたらす農業)によるブドウづくり、驚くほどの低収穫を貫いています。
1992年までDRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)の共同経営者でしたが、現在は甥のアンリ・フレデリック・ロックがDRCの共同責任者に就いています。
1グラス 1,500円

■ジョセフ・ドルーアン ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ
1グラス  1,000円

■ジョセフ・ドルーアン ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ・ヴィエイユヴィーユ
1グラス 1,200円

ジョセフ・ドルーアン(現在は4代目のフレデリック・ドルーアン)は、1976年より科学薬品の排除、1988年より本格的なビオ・ロジックへの転換を終え、1990年代よりビオ・ディナミに取り組んでいます。
畑は伝統的な鍬を使い肥料は野菜で造った天然堆肥。害虫や病害は天敵である捕食動物やバクテリアを使います。
ヴィエイユ・ヴィーユとは木の年齢が古く、より良いブドウが生まれます。このブドウを使って醸すのでより複雑なワインが生まれます。

バーリュトン 札幌市中央区南5条西4丁目 Nセンタービル8F tel&fax 011-513-3335 営業時間 平日:PM6:00〜AM3:00 祝祭日:PM6:00〜AM1:00 定休日:日曜日

バーリュトン Concept & Menu

最新のエントリー

カテゴリ

月別アーカイブ