Blogトップ > 新着情報。。。ザ ブラック パフューム ボウモア 1987 22年。。。クラガンモア1993 16年 ブラドノックフォーラム会員向け。。。

新着情報。。。ザ ブラック パフューム ボウモア 1987 22年。。。クラガンモア1993 16年 ブラドノックフォーラム会員向け。。。

皆さんこんばんは!

今日の札幌は気温が23度まで上がったようです。。。

暖かな陽気に包まれた一日になりそうです。。。

今日は夕張メロンの初競りがあり、なんと2玉150万円で落札されたみたいですね。。。

というわけで、今日は久々の新着モルトです。。。(更新忘れ)。。。

◎ブラック パフューム ボウモア 1987 22年 120本限定 58.7度

sh3g0082.jpg

すごいラベルです。。。


輸入元の資料によりますと。。。

「今回は2006年にリリースして大変な反響を頂きました、ボウモアの「ザ・パフューム」の第二弾を皆様にご紹介いたします。

 

あの第一弾の時と同様、はじめてサンプルをテイスティングした際の衝撃はかなりのものでした。その香りはまさに1980年代ボウモアの王道を行くストレートな香水(パフューム)!俗にボウモアの1980年代はあまり良質な樽が無く、香水のような香りがするものが多いといわれています。この「ザ・ブラックパフューム」もそんな1980年代の典型的なボウモアなのですが、それに加えて、シェリーバット(おそらくファーストフィル)での熟成により、かなり黒い色をしているのです。

 

前回の第一弾は高品質のパフュームタイプのボウモアの典型例としてリリースいたしましたが、今回の第二弾は高品質のシェリー樽熟成パフュームの典型例を、お客様にご紹介したいとの思いからリリースを決定しました。もちろん全体的にパフュームが支配しているのですが、その中にシェリー樽の特徴がミックスされて、うまく仕上がっています。下記テイスティングノートをご参照下さい。パッケージは第一弾に続き、パフュームを表現するべく、アーティスティックかつサイケデリックなラベルを作ってみました。ブラックパフュームということも有り、黒を基調とした派手なラベルで、パフューム(香水)を付ける大人の女性をイメージしています。他のモルトと同じ大麦と水を原料に、同じ製法で作られるウイスキーがどうしてこんな特異な個性を生み出すのか、そんなウイスキーの神秘に思いをはせながら飲んでみてください!」

 

とあります。。。


香りはというと、ダークシェリー、香水、奥からスモーク。。。味は香水、メープルとタンニン。。。フィニッシュはパンチが長く続き、ドライで酸味とクローブのような苦味。。。

ブラインドで出されるとアイラとは読みにくいですが、一度経験するとパフュームのボウモアとわかると思います。。。

パフュームのボウモアを体験したことのない方はお早めにどうぞ。。。

3本の入荷ですが、すでにラスト1本となっております。。。

では続きまして。。。

◎クラガンモア 1993 16年 ブラドノックフォーラム会員向け 56.4度

sh3g0074.jpg


この「クラガンモア 1993 16年」(


ブラッドノックフォーラム)は本来会員制のもので、ブラドノック蒸溜所のオーナーであるレイモンド・アームストロング氏が厳選したボトルを会員向けに販売しているものです。。。

ホグスヘッド1樽をカスクストレングスでボトリングしていまして蒸溜所の個性がしっかりと残された1本です。。。

香りはシトラス、クリーンなバニラオーク、シリアル、アプリコット、バナナに甘いスパイス。。。

トロピカルフルーツを伴うオイリーさに卓越したバニラ、オークで、舌の上に甘さが積み重なり、長いフィニッシュにつながっていきます。。。

フルーティで繊細、そして透明感と華やかさのある素晴らしいシングルカスクです。。。

人気の蒸溜所ですのでぜひお試しくださいね。。。

それでは皆さん!

またお会いしましょう!

パチパチパチパチ!

バーリュトン 札幌市中央区南5条西4丁目 Nセンタービル8F tel&fax 011-513-3335 営業時間 平日:PM6:00〜AM3:00 祝祭日:PM6:00〜AM1:00 定休日:日曜日

バーリュトン Concept & Menu

最新のエントリー

カテゴリ

月別アーカイブ